日本の伝統を科学するひのきの家 サイエンスホーム福島店
  • お電話からのお問い合わせはこちら
    0120-523-253
    9:00~18:00(毎週水曜定休)
  • お問い合わせ

こだわり

ホーム > こだわり > 家づくりの原点、ジャパニーズ・スタンダード

家づくりの原点、
ジャパニーズ・スタンダード

日本の住宅は、昔と比べると「本物」ではなくなっている….。
高度成長期の頃から多くの住宅各社は、当たり前のように利益ばかりを追求し
「素材を落として価格は高く」そんな家を売ってきました。
その結果、日本の住宅の寿命は短くなり、平均で20~30年とも言われています。
古来、日本の家は、自然の素材を多く取り入れたものが当たり前でした。
湿気の多い日本の気候風土を考えて造られた長持ちする家。
流行に左右されないスタンダードな意匠で、住めば住むほど味が出る家。
本来の日本の家は、そんな家だったはずです。
本物の家というのは、50年、60年経ってこそ価値が出てくるものです。
私達は、原点に戻り、そのような家を作りたいと思います。